ブログネタ
気になる情報・話題・商品 に参加中!
寿司・のり巻きロボット1
お寿司はロボットが握っていた
実は日本人ならみんな大好きお寿司は器械で握られているものも結構あったのだ
スシロボットが導入されているのは宅配スシから、回転寿司・レストラン・テイクアウト・スーパー・コンビニ・ホテル・旅館など多岐にわたる

そんな寿司ロボットを世界で始めて開発したのは鈴茂器工(すずもきこう)1981年だ
シャリを器械が握るという(笑)
そんな夢のようなロボットがまさか現実になるなんて

しかし今やロボットがスシを握るのが当たり前の時代になっていたのだ
自分の家にもそんなロボットが欲しい! あっ これすごくいい

寿司・おむすび兼用 お櫃型ロボット SSG-GTO

寿司・のり巻きロボット2
 おひつの形になったスシロボット?というのか
●どこから見てもシャリ櫃そのもの。機械イメージがなく、店舗カウンター内での演出効果も抜群です
●保温機構内蔵で、いつでもつくりたての美味しさ
『寿司・のり巻きロボット|オリジナル寿司ロボットメーカー|鈴茂器工株式会社』より

そんな感じで、スズモ器工さんでは寿司・海苔巻き型だけで寿司ロボットが13種類も出ているのであった

海外で活躍する寿司ロボット

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~|テレビ東京にて、
2012年11月5日放送予定『世界に羽ばたく!ニッポンの技術第6弾 日本食ブーム!陰の主役・食品ロボット』で紹介されるそうだ

海外で活躍するスシロボットや春巻きロボットに串刺しロボットなど、日本の最先端技術が見られるという
とくにオーストラリアでは今スシが大人気だそうだ

海外の寿司ブームの裏で輝く日本の中小企業の技術 素晴らしい

最後までご覧頂き、ありがとうございました
ブログランキングに参加しています お好きなほうをクリックしていただけると今後の励みになります