タイムマシンというと時間をさかのぼって過去にいったり
未来に行ったり、ドラえもんで有名な道具を思い浮かべます
タイムマシンとはタイムトラベル時間旅行をするためのマシンのようです
といっても実在しませんが
SF映画などのネタとしてよく使われます
タイムマシンの研究は積極的に行われており
数学者クルト・ゲーデルは1949年に全宇宙がゆっくり回転しているなら、宇宙旅行によって過去への時間旅行を可能とするゲーデル解の見解を発表した。参照:『wikipedia タイムマシン』
なんてことも

光の速さに近づくことにより時間がゆっくり進むという意見もあります
時間がゆっくり進んでいる状態で1週間ほど経った後に、
外界に出てみるとまわりは通常の時間通りに進んでいる
つまりタイムマシンの外は1週間以上経った後の状態、未来にワープしているという話です 

不思議ですね

過去へのタイムワープはパラドックス(ムジュン)が生じるため難しいとかなんとか
過去へ戻って失敗をやりなおすとおかしなことになるってことですね
SFではよくある話です

そうそう「日経スペシャル未来世紀ジパング」11月12日放送で
タイムマシン理論と呼ばれるタイムマシン経済について語られるそうです

最後までご覧頂き、ありがとうございました
ブログランキングに参加しています お好きなほうをクリックしていただけると今後の励みになります