タイムマシン経営

タイムマシン経営といわれてもあまりパッと出てこない

なんだそれっ?って感じです
タイムマシンといえばSFやドラえもんの道具を思い出します

タイムマシン経営とは?

実際、タイムマシン経営というのはソフトバンクの社長孫正義さんも言っていた言葉で

外国間での成長の差を利用した経営スタイルのこと

その成長の時差をタイムマシンという言葉を利用して表現しているようです

うまいこと言いますね

タイムマシン経営のイメージ

大人が子供の世界に混じって話す、

経済成長した国の考えを持って発展途上、

開発中の国へタイムスリップして 開発を手伝う

そんなイメージですか

タイムマシン理論で見る日本の未来

アメリカのタイムマシン理論としてアメリカの最先端技術が10年後には 日本で活躍できることに

そんな理論で日本の10年後がおぼろげながらも垣間見ることが出来るようですね

日経スペシャル・未来世紀ジパング11月12日に放送予定の「沸騰現場の経済学」 と題されたレポートにて、ジャーナリスト池上彰さんがアメリカの大統領選での論点より注目したテーマが語られるようです
タイムマシン経営と呼ばれ、アメリカの最先端が数年後、日本で開花する現象。しかし経済だけではない。政治や社会問題も数年後に、日本で現実になった事も多い。今回のアメリカ大統領選挙で国を2分した論点の中から、池上が注目したテーマとは・・・。
参照:未来世紀ジパング『“タイムマシン”理論 日本の10年後が見える』より

最後までご覧頂き、ありがとうございました
ブログランキングに参加しています お好きなほうをクリックしていただけると今後の励みになります