ブログネタ
心に響く曲 に参加中!
経済ドキュメンタリー番組ガイアの夜明けを印象付けるのは

センスの良い主題歌選びによるところも大きいと思います
感動的で壮大な音楽をチョイスし、オープニング、エンディングともに

素晴らしい主題歌が番組を一層引き立てています。

ガイアの夜明けとは、経済現場で戦っている人たちの生の声

裏側に迫っていくドキュメンタリー

「ガイア」の意味するものはギリシャ神話に登場する「大地の女神」とのこと

後にノーベル賞作家ウィリアム・ゴールディングが地球のことをGAIA(ガイア)と呼んだそうで

そのことからガイアは地球という風に定着したそうです。

ガイアの夜明けでは夜明け=再生 ニッポンの再生を目指し

奮闘している人たちに迫った番組というような意味合いが込められて制作されているようです

主題歌一覧

  • OPテーマ「ガイアの夜明け~鼓動~」 (Original Version)/ 岸利至
  • EDテーマ「夜空の花 2010 Version」 新井誠志
  • EDテーマ「夜空の花」(Piano Trio Version)/ 新井誠志
  • EDテーマ「私は愛をたたえる」
  • 挿入歌「夢の風」新井誠志
  • 挿入歌「愛にみちて~Amoroso~」新井誠志

主題歌のオープニング曲とエンディング曲

オープニング曲「鼓動」ではシンセサイザーの雄大さをイメージさせるようなフレーズで始まり
パーカッション(電子系)によるビートが入ってきます
その後、日本語ではない言葉のフレーズ、女性ボーカルのやさしいフレーズ、ノリのあるボーカルラインでテンションが上がります
感想では尺八のようなあたりのやさしいソロパートです
スーダン語といわれているようです。英語ならラップのような感覚だったでしょうか
エンディング曲「夜空の花」ではスローテンポでメインメロディはバイオリンのような音色ではじまります
その後、ピアノとかすかにアコースティックギターの音が
メインのバイオリンフレーズは印象に残るフレーズが繰り返されBメロへと流れます
雄大な演奏の後、一気に展開して静かな間奏が入り
いままで仕事をしていた事に、戦い続けている人たちのことを思い

感動してしまいます

主題歌を担当している人

岸 利至(きし としゆき)・・・鼓動
新井 誠志(あらい さとし)・・・夜空の花、愛にみちて
岸さんはヤマハ音楽院に入学。アレンジやプロデュースなど幅広く活動している
音楽プロデューサー、シンセサイザー、プログラマーです。
新井さんはガイアの夜明けの主題歌以外にもカンブリア宮殿や未来世紀ジパングのテーマ曲なども作曲しています

主題歌の感想

  • この曲を聴くと何かをせずにはいられない
  • この歌を聴くたび涙が出そうになる
  • 1週間仕事をしたんだという感動
  • 聞くだけで涙が出そう
  • がんばろっと!
  • 癒されます!
  • この曲を聴くと、なぜか頑張れる気がします
  • すごい涙が出て感動に震える
  • 言葉では表現できない
  • 心にしみる音楽・・・
  • 希望にあふれた曲にめぐりあえて感謝
  • いい曲・・・
参照:夜空の花 「日経スペシャル ガイアの夜明け」 エンディング・テーマ

最後までご覧頂き、ありがとうございました
ブログランキングに参加しています お好きなほうをクリックしていただけると今後の励みになります